Homeあっと家計簿Top機能紹介よくある質問ダウンロードご購入方法お問い合わせエムクラフトについて
はじめに
あっと家計簿の機能紹介
ダウンロード・ご購入
お問い合わせ
あっと家計簿について
Vector
Home >  あっと家計簿 >  家計簿をつける

あっと家計簿の機能紹介

家計簿をつける

レシート入力、日別入力の2つの入力画面で、ラクラク入力

 レシート入力機能は、スーパーでの食料品まとめ買いなど、多数の購入データを記帳するのに威力を発揮します。特に、3つの品名選択ペインを駆使して、同一種類品の購入データをカンタン効率的に入力できるよう設計しています。

レシート入力画面
レシート入力画面(クリックで拡大)

 日別入力画面は、一回の入出金データが少ない場合、例えば「新聞代」や「ガソリン代」など単一データの入力に適しています。また、日別入力画面では、記帳した家計簿データを日別に確認することができますので、記帳し忘れがないかなどを確認することができます。

日別入力画面
日別入力画面(クリックで拡大)

自動入力機能で、家賃や新聞代など毎月決まった入出金も楽々記帳

 生命保険の掛金や新聞代など毎月の支出が決まっているものを固定費として登録しておくと、自動入力させることができます。このため、記帳の手間が省けてたいへん便利です。
 また、「年会費」や「こども手当」など、年に1〜数回しかないものも自動入力させることができるので、「クレジット年会費」など記帳を忘れがちなものも確実に記録できるようになります。

「電気代」など「毎月あるけれど金額が定まっていない」というものも登録できますので、記帳し忘れ防止にも役立ちます。

OFXファイルに対応。クレジットや銀行などの電子明細表も簡単取込

 OFX形式(Microsoft Money形式)の電子明細に対応。銀行の入出金明細やクレジットカードの利用明細データも簡単に取込できます。また、他ソフトと連携してEdyやSuicaなど電子マネーの利用履歴の入力も可能です。

●CSV形式のファイルにも対応
 楽天銀行(旧イーバンク銀行)、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行のCSV形式の電子明細にも対応しています(※ソニー銀行にも対応予定)。

一般家庭で利用される主要品名はあらかじめ登録済み

 使い始めて意外にめんどうなのが品名入力。あっと家計簿なら、一般家庭で利用される主要品目をあらかじめ登録済み。だから入力楽々。
 登録品名数は、3,000種類以上。でも、マウスを数回クリックするだけで品名を選択できます。また、支出品目の分類はオールフリー。ユーザーの好みに合わせて自由に再分類できます。

おおざっぱに付けたい人はそれなりに、細かく付けたい人はトコトン細かく記帳

 品名はユーザーの好みに合わせた自由自在な記帳が可能です。例えば、おおまかな支出の傾向だけを知りたいという方には、「食費」や「生活用品」など費目レベルでの記帳がお勧めです。
 とにかく細かく把握したいという方は、例えば「牛乳」を「低脂肪牛乳」や「成分調整牛乳」などに分けて記帳することもできます。また、そこまで細かくしなくていいんだけど…という方は、食費を「野菜類」や「肉類」というふうに簡単な区分けで記帳したりといったこともできます。

http://mcraft.main.jp/

Copyright 2006-2010 Masaharu Mochizuki. All Rights Reserved.